ジャグア製品

ジャグアパウダーから上手にジャグアインクを自作するコツ

ジャグアパウダーとインクの違い

完成品として販売しているジャグアインクとパウダーの違いは、
インクは果汁部分を使用しているのに対して、
パウダーは、果実そのものを使用しています。

また、弊社のパウダーの製法は、完全に独自です。
(フリーズドライではありません)

果実によって最適な温度で腐敗させずに長期間脱水し、
それらを粉砕しています。

果汁でももちろん染色しますが、果実全体を使用することで、
ゲニピン含有量が多くなり、
また廃棄率は5%以下と、自然にやさしい手法で作られています。

ジャグアパウダー 比較
参考ジャグアタトゥー:JAGUA JAPANのパウダーがよく染まる理由

自作できるジャグアパウダー をオススメします。 本記事を読んで 得られるジャグア情報 【ジャグアインク】と【ジャグアパウダー】 のちがい ジャグアインク・ジャグアパウダー  それぞれの製法 なぜ、パウ ...

続きを見る

パウダーは完全に溶けない性質です

パウダーは、砂糖や塩とは違い、水分に完全に溶けません。
精製していない自然のままの粉末です。

パウダーに水を加えても、ザラザラとした粒子が残るのはそのせいです。

jaguajapan-powder_ic

使いやすいゲル/ペースト(ジャグアインク)の作り方

中の人

キサンタンガム(増粘剤)が入っているので、
水で溶くだけでゲルになりますが、
ラベンダーやユーカリ、ローズマリー等のエッセンシャルオイルを混ぜて下さいね!

中の人

ジャグアジャパンのオンランショップでも、オリジナルのラベンダーエッセンシャルオイルを販売しています。

砂糖を加えて、ペーストの乾燥を遅らせる

ヘナタトゥーをパウダーから自作する方は既にご存知かと思いますが、
砂糖を加えることで、ペーストの乾燥を遅らせ、
肌から剥がれにくくし、乾燥によるひび割れを防ぎます。

使用量は、2gのパウダーで、ティースプーン1杯くらい。
(多少誤差が生じても、使用感や染色効果には影響はありません)

ダマの取り除き方

ダマは、キサンタンガムが完全に溶けていない場合に生じるものと、
パウダーの攪拌が不十分な場合に生じるものがあります。

パウダーに規定の量の水を少しずつ入れて混ぜます。
コーヒーに砂糖を入れて混ぜます、というよりも、
ホイップクリームを作るようなスピードで攪拌します。

時間は10分〜 結構しっかりと混ぜます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

乳鉢M 乳棒付き [93mm] 【手作りコスメ/パックなど】【bd】
価格:1034円(税込、送料別) (2021/11/21時点)

乳鉢があると便利ですよ!
あとミニサイズのスパチュラも(100円均一等で販売されています)

混ぜたゲルペーストをアプリケーターやヘナコーンに移し替えるのに便利です。

また、時間に余裕があれば、ラップをかけて数時間放置すると
キサンタンガムが溶けて、なめらかなゲル状のインクに仕上がります。

(ヘナペーストと違い、放置することで染色効果が高まるものではありません)

アプリーターよりも、ヘナコーン使用がおすすめです

自然製法の特質で、ジャグアパウダーは細かい粒子が残ります。
乳鉢で細かくすり潰すと、アプリケーターでも描くことが可能ですが、
乳鉢をしない攪拌の場合、アプリケーターのニードルは、青色(22G)を接続して下さい。

ヘナコーンを自作してジャグアタトゥーを描くのもお勧めです。

コーンのメリットは、握る力が少しで良いことと、
アプリケーターのようにお手入れの必要なく、その場ですぐに用意できます。

初めて作る方はちょっと難しく感じるかもしれませんが、
ちょっとしたコツを掴めば、簡単に短時間で作れるようになりますよ♪

ジャグアパウダー、その他の使い方

ジャグアパウダーを使用すれば、
水とエッセンシャルオイルを混ぜるだけで、
簡単に防腐剤なしアルコールフリーのジャグアインクを作ることができます。

ポイント

  • ジャグア抽出液と混ぜて、より濃いインクを自作する
  • ヘナパウダーと混ぜて、濃い茶色のヘナペーストを作る(ジャグアヘナ)
  • ジャグアインク(製品)にパウダーを混ぜて、粘度と染色効果を高める
  • サージカルテープにデザインを描いて、ジャグアシールを作る


ぜひ、安全な方法で、ジャグアタトゥーのカスタマイズをお楽しみください。




ジャグアペーストの保存、保管方法

ジャグアパウダーで作ったゲルペーストは防腐剤が含まれておりません。

使用後の保管方法は、冷蔵庫か、しばらく使用しない場合は冷凍庫に保管して下さい。

保存期間は、状況により左右しますが、
冷蔵庫で3週間、冷凍庫で6ヶ月くらいは状態を保つことができますが、
できるだけ早めに使用して下さい。

パウダーは、未開封で約2年ほど、
開封後は、しっかりと密封し、チャック付きの袋等に入れて
冷凍庫に保管しておくのが良いです。

どのジャグア製品に共通致しますが、
ジャグアジャパン製品は、ジャグアフルーツ100%使用した天然の植物から作られています。

それほど急ではないですが、空気に触れると酸化してしまい、染色効果は落ちていきます。


RECOMMEND

genipa_americana_2 1

近年のジャグアタトゥー業界の現状 ジャグアジャパン の使命 本物のジャグアインク 化学的に抽出されたクチナシ等から抽出されるゲニピン(粉末) パナマ共和国、ナショナルイノベーションアワード入賞

ジャグアジャパン  ジャグアタトゥー 2

カリブ海地域の部族や、アマゾン地域の先住民によって発明された果汁を使用した身体装飾 フルーツ果汁で肌の表皮を染め、約2〜3週間で自然に消えるジャグアタトゥー ダリエン地峡のジャグアタトゥーの文化 先住 ...

ゲニパアメリカーナ 3

ジャグアは、ゲニパアメリカーナ、ウィト(Huito)と呼ばれ、主に、南アメリカの北部、熱帯雨林地帯に自生している天然植物染料の果実です。ジャグアジャパンの製品へのこだわりと、ジャグアの特性について紹介しています。

4

ジャグアジャパンは、ジャグアタトゥー用品の国内市場を活発にすることで、現地の雇用促進、女性の雇用、子供達への教育支援、森林保護に貢献しています。JAGUA INK社のダリエン地区の先住民との共同事業について紹介しています。

-ジャグア製品
-, , , , ,