ジャグア製品

ジャグアタトゥー施術後の保護にマストアイテム /エアウォール ふ・わ・り

ジャグアタトゥー施術後に貼るテープをご紹介します。
インクと同時購入しておくのがオススメです!


保護テープは必要?

ジャグアジャパンのインクは、揮発するアルコールの含有量が大変少なく、
施術後もピッタリと肌に吸着しやすいです。

特にテープを貼ることを強く推奨していませんが、
使用することのメリットも多く、
ジャグアタトゥーのアフターケアに保護テープを使用するのが主流になりつつあります。

メリット

  • 施術後に剥がれるのを防ぎ、テープを貼った後に軽く服を羽織れる。
  • ジャグアがしっかりと肌に定着し、より染色成分が染み込むことで発色が良くなる
  • テープを貼った上から写真を撮ってもテカらない

デメリット

  • 蒸れやすくなり、汗をかいてデザインが滲んでしまう
  • テープののり成分でかぶれる場合がある

医療の現場でも使用されている、肌に直接貼る防水テープですが、
粘着力も強く、特に長時間貼ったままにしておくと、
剥がす際に表皮を傷つけてしまったり、
肌の弱い方は、テープによるかぶれ、痒みなどの症状がでる場合もあります。


汗をかきやすい季節、汗をかきやすい部位(デコルテ、胸辺り、背中等)など、
状況によっては使用しない方が良いケースもあります。

保護テープの使い方とアフターケアの注意点

施術後にドライヤー等の送風で乾かした後、施術部位のサイズにカットして貼付します。

テープの貼付時間は、4〜6時間もあれば十分です
長く浸透させると発色効果が高まるのもあり、
ついつい長時間放置してしまいがちですので気をつけましょう。

サロンでの施術ではインクを乾かしてテープ保護をしますが、
イベント出店などではそこまで手が回らず、希望者にカットしたテープをお渡ししています。

こなれさん
中の人

時間もかかりますし、暖かい季節の屋外のイベントだと汗をかきやすいので、
貼る方が諸々のリスクが高い場合もありますしね。


JAGUA JAPANおススメ、肌に優しい皮膚用防水テープ 「エアウォール ふ・わ・り」

【Skinix エアウォール ふ・わ・り】 シリーズは、すべてのジャグアタトゥー施術者におすすめします。
施術後のテープを貼るメリット、デメリットをよく理解したうえでご使用ください。

ジャグアジャパンのオンラインショップからのご購入の方には、
皮膚に負担がかかりにくい剥がし方や注意点などが書かれた
貼り方ガイドをお渡しします。

RECOMMEND

genipa_americana_2 1

近年のジャグアタトゥー業界の現状 ジャグアジャパン の使命 本物のジャグアインク 化学的に抽出されたクチナシ等から抽出されるゲニピン(粉末) パナマ共和国、ナショナルイノベーションアワード入賞

ジャグアジャパン  ジャグアタトゥー 2

カリブ海地域の部族や、アマゾン地域の先住民によって発明された果汁を使用した身体装飾 フルーツ果汁で肌の表皮を染め、約2〜3週間で自然に消えるジャグアタトゥー ダリエン地峡のジャグアタトゥーの文化 先住 ...

ゲニパアメリカーナ 3

ジャグアは、ゲニパアメリカーナ、ウィト(Huito)と呼ばれ、主に、南アメリカの北部、熱帯雨林地帯に自生している天然植物染料の果実です。ジャグアジャパンの製品へのこだわりと、ジャグアの特性について紹介しています。

4

ジャグアジャパンは、ジャグアタトゥー用品の国内市場を活発にすることで、現地の雇用促進、女性の雇用、子供達への教育支援、森林保護に貢献しています。JAGUA INK社のダリエン地区の先住民との共同事業について紹介しています。

-ジャグア製品
-, , , ,